斑入り


斑入りヤブラン

ヤブランの斑入りの葉です

この「斑入り」、そういう種類の植物なんだろうと思っていたら
実際には、突然変異だったり園芸として交配されたりと
後天的な要因でそうなっているんですね

白い部分は光合成ができないので自然界においては
とても不利だと思うのですが、なぜそうなるかについては
いまだ解明されていないそうです

斑の入り方もいろいろあるみたいで、
刷毛で掃いたような「掃込(はきこみ)」や
葉の中央で葉脈を隔てて半分だけの「切斑(きりふ)」
葉の縁に添って白くなるのが「覆輪(ふくりん)」
その色が白ではなく黒っぽく変色するのを「紺覆輪(こんぷくりん)」


こんぷくりん…


日本語って

可愛いですね…
  
 

JUGEMテーマ:福岡市



スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL