サフランモドキ


サフランモドキ


先日掲載したタマスダレと同じヒガンバナ科のお花

モドキのオリジナルとされるサフランはアヤメ科のお花
先に日本へ入ってきた当初、間違ってこちらをサフランと呼んでいたのですね
その後、ほんとうのサフランが輸入されるようになり、仕方なくこちらを「モドキ」 と.
物言わぬ花には何の罪もないのに...

また、「イヌサフラン」というユリ科の植物も存在し、そちらは猛毒植物
こうなってくるともう「サフラン」とはいったいなんなんだ?
毛糸洗いに自信が持てるのもこれか? そんな気にもなってきます

でも、世の中にはいろんな「モドキ」がはびこっていますが、
こんなに可愛らしい「モドキ」なら、ありかな..
 
 

JUGEMテーマ:福岡市



スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL